顔の頬や鼻に出来る細かい茶色い斑点のことを「そばかす」と呼んでいます。そばかすが出来る原因の一つとして、紫外線をあげる事ができるでしょう。人の皮膚はターンオーバー(代謝回転ともいい、いわゆる新陳代謝のことをいいます)と言って、お肌の生まれ変わるサイクルがあり、このターンオーバー(老化と共に必要な日?が増えてしまうでしょう)が行われることによって自然と皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)が剥がれ落ちて新しい皮膚が出来上がります。しかし、このターンオーバーは年齢を重ねると共に、通常28日周期だったものが29日・・・30日・・・とサイクルがずれてしまいがちのですね。上手くターンオーバー(老化と共に必要な日?が増えてしまうでしょう)が行われないと、そばかすの原因となるメラニン色素がどんどん沈着してしまい、そばかすを作り出してしまうのです。つまり、紫外線だけがそばかすを作り出す原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)ではないということですね。このターンオーバーのサイクルをずらしてしまう原因として、睡眠不足やホルモンバランスの崩れなどもあります。ターンオーバーは、寝ている時に活発に行われているようです。睡眠時間が短かったり良質な睡眠をしっかりととれていないと、ターンオーバーが上手く行われず、メラニン自体がどんどん沈着していく一方かもしれませんね。ですから、紫外線対策を行うことも重要なのですが、ターンオーバーをスムーズに行うためにも日頃からストレス解消をしたり、良質な睡眠をとれるように心がける必要があるでしょう。そばかすは年齢に関係なく起こりうるお肌のトラブルの一つでもあります。実は、小さいころにそばかすで悩んでいた方はいらっしゃいませんか?ご両親共にそばかすがある場合には、かなり高い確率(可能性が低いのに起こると、奇跡、ミラクルなんていいますよね)で子供もそばかすを受け継ぐと言われているほど、原因が遺伝性であるケースが多くあるのも特徴です。遺伝性の場合ですと、年齢を重ねると共に薄くなっていくケースもあります。でも、紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)が原因で出来た物は、さらに色が濃くなるなど悪化するケースが多くあるようですー